トップ > ブログトップ > 神棚に想う

マドリエ江別 サッシ屋女房 寅年母ちゃん日々奮闘記

LIXIL(リクシル)FC マドリエ江別の寅年母ちゃんが、日々の出来事を自由気ままにぼやきます!

神棚に想う

投稿日時:2020/03/10(火) 17:29

毎日、毎日コロナの情報に戦々恐々としている日々。
アライグマのように手を洗っている
北海道は江別市 マドリエ江別の寅年母ちゃんです。

日々過ごしていると、生と死に向き合う事って
中々ないけど、誰かが亡くなると
否応無しに向き合うことになる。



写真は、当社の神棚。
弊社を立ち上げる時、従業員のお父様が作ってくれた
神棚です。

昔の大工さんは、こういう細かい物も作れる技術がありました。
材木に墨を打ち、ノミを入れ
カンナで削り
建物を建てました。

今のようにプレカットではない時代から腕一本で
家を建てられた技術。
すごいよね。建具も作っちゃったんだろうな。
そんな技術を惜しみなく使って神棚を
創業時に頂きました。

この神棚を作ってくれた時
どんな思いを込めて作ってくれたのだろうと。

息子の勤める会社が
今後発展するように、
商売繁盛するように

きっと、そんな想いが込められた神棚なはず。

享年90歳
最後まで大工さんでした。

地域の公民館を無償で修理したり
祭りのやぐらを組みに行ったり
ワカサギ釣りに出かけたり

本当にお元気な様子を聞いていただけに
残念です

この世での修行を終え
魂に戻っていかれました。

会社の神棚を見上げるたびに
神棚に込めたであろう
あなたの思い。

コロナに負けてなんていられないわな。

商売するなら神棚を祀らなきゃダメだ!
そう言って、頼みもしないのに作ってくれた神棚。

今年、3月26日で
弊社は創業20周年を迎えます。

地域の皆様のお陰はもちろんのこと、
こうした思いをかけてくれた人がいる事
創業記念日前に思う母ちゃんです。

ありがとう。礼治さん。
そうしてお疲れ様でした。
後のことは心配しないでね。

合掌








 

この記事は外部ブログを参照しています。すべて見るには下のリンクをクリックしてください。

記事タイトル:神棚に想う

(ブログタイトル:(有)アクトトーヨー住器  -寅年母ちゃんのブログ)

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:

パスワード: